空き缶スターリングエンジン

空き缶スターリングエンジン
空き缶スターリングパッケージ
品名 空き缶スターリングエンジン
販売価格 (税込) 1,620円
税別価格 1,500円
ご注文
個数
特長
空き缶スターリング本体

◆古くて新しいエンジン

スターリングエンジンは、1816年にスコットランドの牧師ロバート・スターリングが発明。最近再び大きな脚光を浴びています。

◆未来の宇宙利用まで、大きな可能性を持つエンジン

JAXAやNASAで宇宙利用を目指した研究が行われています。

◆ピストンの直線運動を直接利用した高効率エンジン

一般のスターリングエンジンは、クランク機構を用いた物が多く、ピストンの直線運動を回転運動に変換しています。このフリーピストンエンジンは、クランク機構などを使用せず、ピストンの直線運動を直接利用しています。

◆シンプル構造

クランク機構などを使っていないこともあり、動作の原理が理解しやすいエンジンキット。

マグ、空き缶スターリング

◆外燃機関の一種

スターリングエンジンは、外燃機関の一種で、熱源(温度差)があれば出力を取り出すことができます。

◆マグカップのお湯がエネルギー源

どんな熱源も利用可能なスターリングエンジンの特徴を生かして、お湯を熱源としたフリーピストンスターリングエンジンを作ってみましょう。マグカップのお湯で約2分くらい動きます。うまく調整すれば約10分くらい動かすことも可能です。

<サイズ>

本体:幅53mm×奥行き53mm×高さ75mm(重さ39g)
アダプター:幅80mm×奥行き80mm×高さ5mm(重さ12g)

動作原理
スターリングエンジン動作原理
2003年10月、3つの宇宙航空事業機関が統合し、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が誕生しました。これまでに蓄積してきた知識や技術、経験を集約し、組織としての総合カを高めるとともに、宇宙航空に関する墓礎研究から開発・利用まで一貫して行う体制を整えました。

JAXAには4つの本部があります。宇宙科学研究本部は惑星探査や天文観測など宇宙科学の研究を、宇宙利用推進本部は人工衛星の開発や運用を行っています。また、宇宙基幹システム本部はロケットなどの輸送システムや有人宇宙活動を担当し、総合技術研究本部は基礎技術や航空技術の研究に取リ組んでいます。
これらの各本部がそれぞれ分野で専門的能力を高めつつ、必要に応じて連携することにより、JAXAは宇宙航空分野の中核的な機関として活動していきたいと考えています。


宇宙航空研究開発機構
http://www.jaxa.jp/

このページのトップへ