災害非常時用移動式ソーラー独立電源システム

国立広島商船高等専門学校、竹原市商工会議所青年部、竹原市の産官学協働プロジェクトにより、設計/製作した「移動式ソーラー独立電源システム」です。

コンセプトは、災害時など電力が断たれた際に、自然エネルギーだけである程度電力をまかなえるシステムで、しかも移動ができるシステム。

フル充電からなら、消費電力50ワットの電気製品(パソコンなど)なら30時間、消費電力100ワットの電気製品(テレビなど)なら15時間使用できます。
また、短時間使用に限られますが消費電力1500ワットまでの電気製品も駆動可能なので、電子レンジや炊飯器なども使用可能です。

主なスペック
ソーラーパネル:
 75W 多結晶×2枚 [計150W]
バッテリー:
 258Ah密閉型
コントローラ:
 充電制御
DC-ACインバータ:
 1500Wサイン波

また、このシステムには、パネルやバッテリ仕様は同じで、インバータのみを省いた2号機があり、1号機と接続することにより、電気製品の使用可能時間を2倍に延ばすことができます。


<お気軽にご相談ください>
このようなソーラー独立電源システムの設計から部品調達、製作に関することまで、お気軽にご相談ください。ご要望に合った適切なシステムをご提案させていただきます。

このページのトップへ